2014年09月13日

アイス・バケツ・チャレンジ イン鼠ヶ関


「ALSアイスバケツチャレンジ」は、ALS患者と患者団体を支援するicon06募金イベントです。

『筋萎縮性側索硬化症(ALS)』の研究を支援するため、バケツに入った氷水を頭からかぶるか、寄付をするというもの。
アメリカから始まり他の国を経て、日本でも急激に広がっています。

このチャレンジを指名された人は、このチャレンジを受けることを宣言し、バケツに入った氷水を頭からかぶり、そして次にこのチャレンジを受けてもらいたい人物を2~3人指名すのがルールです。enpitu2

私たちが知らなかった「ALS」などの『難病』に目を向け、認知度を上げて支援を広めていくのがこのパフォーマンスの趣旨です。

ということで、鼠ヶ関のこの方が「アイスバケツチャレンジ」の指名を受けました。icon09


camera流石は、T蔵さん。

水も滴るicon11icon11icon11いい男~。



風邪kao19ひかないでね~。

次に指名されるのは、『あなた』かもicon10

なぜ「氷水」なのか、それはアメリカのスポーツ界で「氷水」は『祝福』を意味するかだそうです。
なるほど~。face06

注)「アイスバケツチャレンジ」で、冷たい氷水をかぶることや、寄付をすることは強制ではありません。
  


Posted by あつみ観光協会 at 10:26Comments(2)その他いろいろ鼠ヶ関(ねずがせき)