2014年07月22日

弁天島散策!


本日3回目の投稿ですicon14

今日は天気もよく
いよいよ海のシーズンが到来したということで

鼠ヶ関にある弁天島に行ってきました!



釣りや磯遊びを楽しむことができる弁天島は
昔は海に浮かぶ小島で
干潮の時だけ陸続きになっていたようですicon14

現在は整備され
遊歩道を歩けば15分程度で島の周りを散策することができます足跡



浜の風を感じながらの散歩も気持ちいいですね♪



大きな灯台の下にちょっと腰かけて
夕日を眺めることもできますicon12


すっきり晴れると
新潟県の離島「粟島」が見えるはずなのですが
今日は残念ながら見えず。。


灯台で折り返すと
意外にスリリングな道が待っています



途中岩場にカニを発見!




散策を終えた先には「厳島神社」があります



鼠ヶ関は源義経が兄の頼朝に追われた際に立ち寄った地ということで
厳島神社には源義経碑があります




厳島神社の目の前には
観光協会で受付を行っている
「漁船クルージング」の乗船所が♪




そしてそして
近くのお茶屋さんなどでは
鼠ヶ関のとれたてのイカや魚を干したり
おいしい岩ガキやイカを食べることができます^^icon06



こちらは「丹治郎茶屋」さん



大きなイカが干してあります!




「弁天茶屋」さん



店内ではイカのお刺身や軽食なども頂けますicon28




「鼠ヶ関港鮮魚センター」さん



こちらはBIG!な看板犬の
きんたろうさん
べにさん
あおいさん




「浜のかあちゃんの店」さん



すごい数のイカです!
こちらのお店は漁船クルージングの現地案内所にもなっています★





鼠ヶ関でとれたイカ、
本当においしいんですよー!!
お店ごと食べ比べしながら、ぜひご賞味くださいませ♪♬

天気のいい日は
弁天島を散策しながら
夕日を見に来てくださいねicon01






おまけいぬ 鮮魚センターさんの看板犬4匹め
ももさん



  


Posted by あつみ観光協会 at 16:35Comments(0)鼠ヶ関(ねずがせき)

2014年07月22日

本日の鼠ヶ関川


こんにちは!

本日2回目の投稿は
7月から実施中の「鮎釣りマル得企画」対象河川
鼠ヶ関川の様子をお伝えしますicon01


川の様子はこちら


くもったり晴れたりのお天気の下
今日の鼠ヶ関川はとっても澄んで穏やかに流れています


あら、、?


↓拡大図




カモにまじってアヒルさんがいました!

かわいい!
丸太の上で一休みしているみたいですicon01


鮎釣りにいらっしゃる際は
かわいいアヒルさん、探してみてくださいねーicon23icon06

  


Posted by あつみ観光協会 at 11:01Comments(0)鼠ヶ関(ねずがせき)

2014年07月22日

◆せせらぎの能◆


来たる8月2日(土)
あつみ温泉にて「せせらぎの能」が開催されます!



「せせらぎの能」とは
温海川沿いに特設のステージを設け

鶴岡市温海地域の山五十川集落に伝わる「山戸能」
鶴岡市黒川地区(旧櫛引町)に伝わる「黒川能」

鶴岡に根ざした2つの伝統芸能をお楽しみいただけるイベントですicon12



山戸能は、発祥ははっきりしていませんが
地域に伝わる文献では貞観8年(866年頃)に
「謡」「切り能」「恋慕の舞」などが、
寛永年間(1624~43年)天龍上人から
「座揃いの囃子」「道行きの囃子」を教え伝わったとあり、
昭和39年3月17日には山形県の無形民族文化財に指定されました


黒川能は、黒川地区にある春日神社の「神事能」として
黒川の人々の信仰心と能楽への愛着によって
500年以上にわたって伝えられてきました
能役者は囃子方を含め、子供から長老まで150人、
能面250点、能装束500点以上、演目数は能540番、
狂言50番と、民族芸能としては大きな規模となっています
昭和51年5月4日には国の重要無形民族文化財に指定されています



こちらは過去のせせらぎの能の様子


川にせり出した特設ステージで行われる能は
なんとも荘厳な雰囲気が漂いますicon12




また
オープニングイベントとして
「熊野神社子供獅子舞」
「板井川河内神社天狗舞獅子舞」
「加茂泊町大黒舞」
「湯田川温泉神楽」
が出演予定となっておりますicon01



ワンドリンク付の有料観覧席(1,000円)もご用意しています!
観光協会でも販売しておりますので、
ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ^^icon06


  


Posted by あつみ観光協会 at 10:20Comments(0)あつみ温泉イベント